ページの先頭です

ヘッダーのはじまりです

学校法人・専門学校 大阪医専

医療・福祉からスポーツまで 「チーム医療」を実践する専門学校

姉妹校
首都医校
名古屋医専

質問や相談、資料請求は気軽に入学相談室まで 10:00~20:00(日・祝除く) 06-6452-0110




本文のはじまりです

 徹底した現場教育『授業ピックアップ』

最新施設・設備での「臨床動作分析」
痛みの原因を見い出すためには、正常な動作を理解しておく必要があります。様々な動作解析装置を用いた実習で、より深い理解を追求します。
関節や筋力について学ぶ「運動療法実践論」
関節の曲げ伸ばしにより可動範囲を広げたり、歩行などの日常動作の訓練を行う運動療法。患者さんの障がいに応じた治療法について講義と実技で学んでいきます。
痛みを抑え回復を助ける「物理療法学実習」
電気・温熱・光などの物理療法機器で、痛みや炎症を緩和させる。その原理と目的、適応と禁忌、リスク管理などを学んでいきます。
訪問リハビリにも対応「日常生活活動演習」
学内に住居を再現した実習室を完備。住居内でのリハビリ、段差解消など住居内の改修についても学習します。
介護福祉士との「チーム医療・対象者への支援法」
福祉領域での対象者との関わりや問題点について、本校なら介護福祉学科との連携でより深く理解することができます。

 基礎から実践まで『学びのステップ』

1年次
基礎医学・人間力
解剖学、病理学などの基礎医学と一般教養を学び、身体構造の理解を深め、理学療法士の資質を学ぶ。
2年次
臨床基礎・専門力
整形外科学や脳神経医学など専門的な医学を学ぶほか、検査技術・知識を修得し身体の状態を的確に把握する。
3年次
臨床実習・応用力
疾患や障がいに対応する幅広い治療理論・技術を学ぶ学内実習が本格化。さらに臨床実習で学びを再確認する。
4年次
総合実践力・国家試験
臨床実習で実践力を高めるほか、国家試験対策や卒業研究に取り組む。また希望する職域の専攻教育を学ぶ。
資格試験合格
『理学療法士』として現場で活躍
病院・整形外科、リハビリセンターだけではなく、スポーツ現場や福祉施設など幅広く活躍。

 大阪医専だからできる!『学びのポイント』

将来につながる知識・技術を確実に修得できる
基礎からじっくり学べる、実習重視の4年制カリキュラム
三次元動作解析、バイオデックス、エアロバイクなど充実した実習機器で、身体のしくみや動きを分析します。また、医学部でも導入される模擬患者への実技試験OSCE(客観的臨床能力試験)の導入で、病院での実習前に修得した技術を振り返ります。さらに、昼間部の卒業時に「高度専門士」も付与され、学歴・待遇面で大学卒業者と同等の扱いとされます。卒業後には大学院への進学も可能です。
幅広い視野をもつ理学療法士を育成
スポーツ分野のアスレティックトレーナーや医師からも直接指導が受けられる。
医療だけではなくスポーツ分野もある本校。現役のアスレティックトレーナーや柔道整復師、はり師・きゅう師の教官からも直接指導が受けられるため、スポーツリハビリテーションのスキルも修得できます。
エキスパートを現場に送り出す責任と自信の証明。『国家資格 合格保証制度』と『完全就職保証制度』。
卒業時に万一、合格できなかった場合でも、学費免除で5年間は継続して勉学をサポートする『国家資格 合格保証制度』、さらに卒業時に万一就職できない場合、学費免除で就職が決定するまで勉学を継続できる『完全就職保証制度』(入学時35歳未満対象)を設置しています。
最前線の特別講師が、最新の業界動向を直接講義する。『スペシャルゼミ』・『T.O.L.講義』。
各分野から経験豊かな最前線の特別講師が教壇に立ち、実地指導にあたります。 業界のプロから直接学ぶことにより、最新の業界動向を常にキャッチできるのがこのゼミの特長です。※特別講義はカリキュラムの課外で年数回実施されるものです。また、講師陣・講義テーマは予定であり、変更される可能性があります。
これまでの特別講義レポートはコチラ
昼間部の最終年次で選べる専攻教育

整形外科専攻

理学療法士の主要分野をより深く学ぶ。。
筋・関節の構造と機能の理解を高め、理学療法士の主要分野、整形外科的疾患の患者さんに対応できる力を学ぶ。

スポーツリハビリ専攻

スポーツ分野で活躍する理学療法士を目指す。
経験の豊富なトレーナーから、アスリートのコンディショニングを学び、スポーツ分野で活躍できる技術を学ぶ。

中枢神経専攻

脳血管疾患に対応できる高い技能を修得。
中枢神経系の構造と機能の理解を深め、麻痺などによる身体・運動障がいの分析方法を修得する。

独立起業専攻

将来の独立起業に備えた知識を修得。
コンサルタント、スポーツジム運営など将来、独立起業するために必要となる知識を幅広く修得する。

 資格/就職

資格

取得できる資格/称号

  •  理学療法士(国家試験受験資格)
  •  高度専門士(昼間部)
  •  医療専門士(夜間部)

就職に活かす +α資格

  •  受験し合格することにより取得可能
  •  福祉住環境コーディネーター
  •  手話技能検定
  •  講習を受講することにより取得可能
  •  初級障がい者スポーツ指導員(学内講習受講により取得可能)
  •  赤十字救急法救急員(外部講習受講により取得可能)

就職

活躍のフィールド

医療機関だけではなく、スポーツチームのサポートも。リハビリテーションを通じて地域医療へ貢献。

  •   総合病院・大学病院
  •   整形外科
  •   リハビリテーション病院
  •   スポーツチーム
  •   訪問看護ステーション
  •   デイケアセンター
  •   健康増進施設
  •   介護老人保健施設
  •   特別養護老人ホーム(介護老人福祉施設)
  •   独立起業 など

主な就職先

兵庫県立総合リハビリテーション中央病院、国立病院機構和歌山病院、市立福知山市民病院、公立甲賀病院、公立八鹿病院、西播磨総合リハビリテーションセンター、大阪医科大学附属病院、国家公務員共済組合連合会大手前病院、大阪厚生年金病院、結核予防会大阪支部大阪病院、東大阪生協病院、淀川キリスト教病院、武田総合病院、医真会八尾総合病院、洛和会音羽病院、加納総合病院、南大阪病院、大阪暁明館病院、馬場記念病院、美杉会佐藤病院、愛仁会グループ、生長会グループ、東住吉森本リハビリテーション病院、千里リハビリテーション病院、宝塚リハビリテーション病院、関西リハビリテーション病院、三宅リハビリテーション病院、橿原リハビリテーション病院、西宮協立リハビリテーション病院、鶴見緑地病院、守口生野記念病院、森之宮病院、いぶきの病院、阪堺病院、西宮渡辺病院、宇治徳洲会病院、長岡京病院、大阪回生病院、野洲病院、島田病院、貴島病院本院、浅香山病院、大阪労災病院、本山リハビリテーション病院、宮地病院、千里中央病院、甲有会グループ、北出病院、西中医学会、奈良県立医科大附属病院、西宮回生病院、平成記念病院、岸和田盈進会病院、甲西リハビリ病院、整形外科ひろクリニック、上田整形外科、岡記念病院、登美ヶ丘リハビリテーション病院、高村病院、八尾徳洲会病院、井上病院、藍の都脳神経外科、吉栄会グループ、医誠会グループ、医聖会グループ、東和会グループ、うえだ下田部病院、育和会記念病院、市立福知山市民病院、西記念ポートアイランドリハビリテーション病院 他

 先輩・教官メッセージ

卒業生

石田 幹

現場を知りぬいた先生から
学ぶ安心感があった。

石田 幹
淀川キリスト教病院
理学療法士

体験入学で理学療法に関する講義を受け、それがとても面白くて入学を決めました。授業の特色は「リアル」なこと。「教科書の記述はこうだけど、現場ではこの点に気をつけて~」という具合に、臨床現場の視点を入れながら語ってくれるので、この知識が仕事に活きるんだという感覚が持てますね。現在は病院のリハビリ部門に勤務しています。学生時代に勉強したことも活かしながら、常に学ぶ姿勢を忘れずに勤務したいと思います。

教官

福本 由紀美

理学療法士のあるべき姿、地域リハビリテーションも学ぶ。

福本 由紀美
元 今給黎総合病院
理学療法士(ケアマネージャー)

理学療法は、この世に生を受けてから最後のときを迎えるまで、すべての人が対象となります。障がいを持った状態でも住み慣れた町で、あるいは安心できる家族のもとで質の高い生活が送れるようサポートするのが、理学療法士のあるべき姿だと私は考えます。本校で知識・技術はもちろんのこと、それ以上に対象者(患者さん・家族など)のために何が出来るかを考え、実践し、努力し続ける理学療法士になりましょう。


本文のおわりです