東洋医療分野 自然治癒力を最大に引き出す。

自然治癒力を最大に引き出す。

東洋医学では本格的な疾病に進展しないように予防することを最高の医療と考え未病の段階で治療することができる施術者を最高の治療者であると言っていたそうです。「未病を治す」とは、半健康な状態を健康なレベルに回復させることだそうです。未病とは半健康な状態で、この状態を放置しておくと、本格的な病気に発展すると考えられるためその段階で治療を施すとされています。

首都医校・大阪医専・名古屋医専では鍼灸や柔道整復など、知識と技術を駆使し患者の自然治癒力を最大限に引き出すため、東洋医学と西洋医学を基礎から学びあらゆる患者に対応できる治療者を育成します。

目指せる仕事

東洋医療分野

  • はり師

    はり(鍼)を身体の表面部分の一定部位(ツボ)に接触させたり刺したりして刺激を与え、病気の予防や治療を行う。人間が本来持っている自然治癒力・抵抗力を引き出すことが大切。

  • きゅう師

    医師の指示のもと、障害のある患者にさまざまな作業を指導。応用的動作や社会適応能力の回復を図る。主に手芸・工芸などの創作的活動、食事や着替えなど日常動作訓練を行う。

  • 柔道整復師

    柔道の治療術という伝統医学をベースに、骨折・脱臼・捻挫・打撲・挫傷などに治療を施す。近代医療の物理療法なども積極的に取り入れながら、患者の痛みを和らげ、回復を図る。

東洋医学分野の仕事を目指せる学科

オープンキャンパスで本校のすべてを確かめてみよう!

校舎見学や入学相談は毎日実施しています。

CONTACT

本校で目指せる仕事