医療情報学部 医療秘書学科

  • 昼間部/2年制
取得できる資格/称号
  • 医療秘書技能検定(受験し合格することにより取得可能)
  • 診療報酬請求事務能力認定(受験し合格することにより取得可能)
  • 医療情報専門士
適応制度
  • 『完全就職保証制度』

病院の顔となる医療秘書。多彩なスキルと笑顔で、病院と患者さんをつなぐ。

学びのポイント

  • 1
    専門知識・技術をトータルに学ぶ!
    2年間で「ドクターズクラーク」の資格も

    医療秘書に必要な知識・技術の修得はもちろん、今、医療現場で需要の高い「医師事務作業補助技能認定試験(ドクターズクラーク)」の資格も取得。医師直属の医療事務のエキスパートとして活躍の幅が広がります。

  • 2
    就職に有利な
    数多くの関連資格を取得できる!

    資格取得を1年次から実施。医療秘書検定や医事コンピュータ技能検定などの資格は、病院事務に必要な資格です。名古屋医専の教育水準の高さは、医療秘書技能検定において、毎年数名が成績優秀者として試験主催団体より表彰されていることからも証明されています。

  • 3
    本学科終了後、さらに学べる!
    診療情報管理学科への編入も

    本学科修了後、さらに学びたい方や「診療情報管理士」の資格取得をしたい方は、診療情報管理学科3年次への編入もできます。「診療情報管理士」の資格を取得することで、将来の活躍の幅がさらに広がります。

  • 4
    経験豊かな特別講師が直接指導
    「特別講義」

    各分野から経験豊かな最前線の特別講師が教壇に立つ『スペシャルゼミ』・『T.O.L.講義』。業界のプロから直接学ぶことで、最新の動向を常にキャッチできるのがこの授業の特長です。

専攻

専攻

医療事務スタッフに必要な職掌を開発! 最終年次に選べる独自の専攻教育 医療事務スタッフに必要な職掌を開発! 最終年次に選べる独自の専攻教育
×

医療秘書専攻

受付対応に重点を置き、接遇・電話対応から個人情報処理まで、現場で役立つ技術を磨く。

医療クラーク専攻

医療秘書の知識に加え、診断書や紹介状などの作成補助を学び、医療クラークの本質を知る。

基礎から実践まで『学びのステップ』

  1. STEP 1

    1年次基礎医学と情報管理技術

    医療事務やマナー・接遇を中心に医療秘書の役割を学びます「チーム医療」に必要な医療知識と病院内での医療秘書実務を高いレベルで修得していきます。

  2. STEP 2

    2年次資格取得対策と専攻

    様々な資格取得に向け、試験対策講座に取り組むとともに、希望する職域に合せた専攻を学びます。

  3. 資格証

    医療秘書

    受付・会計処理・医師や看護師のサポートなど医療現場を円滑に進め、病院業務を広く支える存在として活躍。

授業ピックアップ

授業ピックアップ

名古屋医専だからできる、徹底した現場教育 名古屋医専だからできる、徹底した現場教育
×

マナー・接遇も養う「医療事務総論」

病院の印象を大きく左右する受付。大切なのは、心を尽くした対応と来院者の用件に応じた迅速な対応。万一のクレームにも冷静に対応できるよう、マナー教育を徹底して学びます。

表作成から統計処理まで「コンピュータ実習」

1人ずつ専用のパソコンで、初めは「Excel」を使った表やグラフの作成に取り組み、最終的には最新の情報処理技術を総合的に学んでいきます。

基礎医学の修得「臨床医学各論」

カルテ内の病気のことを知るためには、人体のことをよく知っておかなければなりません。身体の機能やしくみ・病気、そして治療方法について医学専門の専任教官より学びます。

基礎から徹底学習「病院経営学」

現代日本の医療を取り巻く問題を基礎から丁寧に解説し、医療体制のしくみや病院経営分析の概要まで理解できるよう学習していきます。

資格/就職

資格/就職

資格を手にして、現場で活躍する 資格を手にして、現場で活躍する
×

資格

取得できる資格/称号
  • 医療秘書技能検定(受験し合格することにより取得可能)
  • 診療報酬請求事務能力認定(受験し合格することにより取得可能)
  • 医療情報専門士

独自の資格取得システム

その他の資格

受験し合格することにより取得可能

  • 医療情報技師
  • 医事コンピュータ技能検定
  • ITパスポート試験
  • 医師事務作業補助技能能力認定試験

講習を受講することにより取得可能

  • 赤十字救急法救急員(外部講習受講により取得可能)
  • 手話検定※
  • 福祉住環境コーディネーター※
  • メイクセラピー検定3級※
  • サービス接遇検定2級※
  • 介護事務管理士※
  • 初級障がい者スポーツ指導員※
  • アロマコーディネーター検定※
  • メンタルヘルスマネジメント検定Ⅲ種※

※学内講習受講により取得可能。資格により検定試験の受験も必要

取得可能な資格一覧

就職


活躍のフィールド

病院の運営を円滑に進めるために不可欠な存在として、医療機関において様々な役割を担い、多彩に活躍。

特定機能病院、地域医療支援病院、一般病院、診療所、クリニックなど、医療の総合校だから、大学病院や総合病院など幅広い病院との太いパイプを持っています。そのため本校に寄せられる医療事務の求人数も圧倒的です。


希望者就職率

100%
(2016年3月卒業生)
先輩/教官メッセージ

先輩/教官メッセージ

活躍する先輩と教官の声を紹介 活躍する先輩と教官の声を紹介
×
  • 卒業生
    卒業生
    笑顔で患者さんを迎え、不安を少しで和らげる存在に。
    林 紗帆
    あずまリハビリテーション病院、診療報酬請求事務能力認定、医療秘書技能検定2級、医事コンピュータ技能検定2級
    林 紗帆
    あずまリハビリテーション病院、診療報酬請求事務能力認定、医療秘書技能検定2級、医事コンピュータ技能検定2級
    笑顔で患者さんを迎え、不安を少しで和らげる存在に。

    医療秘書は、病院で働く様々なスタッフをサポートするやりがいのある仕事です。他の進路も検討しましたが、専門的な学びと、資格取得に強い名古屋医専を最終的に選びました。駅からも近く、設備も充実していたため、学びやすい環境でした。また学生時代から他分野を目指す学生との交流があったため、現場に出た今、他職種との連携に活きています。患者さんは、病気やケガなどの不安を抱えて病院にみえています。そういった方々を笑顔で迎え、少しでも不安を和らげるような存在になっていきたいです。

  • 教官
    教官
    いくつもの資格を手に、現場の即戦力として。
    長谷 貴代
    名古屋商科大学 資格取得認定講師、診療情報管理士、診療報酬請求事務能力認定、医療秘書技能検定準1級
    長谷 貴代
    名古屋商科大学 資格取得認定講師、診療情報管理士、診療報酬請求事務能力認定、医療秘書技能検定準1級
    いくつもの資格を手に、現場の即戦力として。

    本学科は、2年間主に病院の医事課で管理・業務などに携わる仕事をするために深い知識と技術を学びます。同時に、いくつもの資格を取得することを目標にしています。医療秘書の仕事は、病院の受付業務、会計業務のほか医師や看護師、患者さんとのコミュニケーションをはかり、病院の運営を円滑に進めていく重要な仕事です。そのため、幅広い知識とともに人としての接遇マナーなど丁寧に指導し、卒業後現場で活躍できる人材へと育てていきます。

その他の学科・専攻

臨床学部

看護学部

療法学部

スポーツ健康学部

東洋医学部

医療情報学部

福祉学部

専科[短期集中講座]

大学生・社会人も通える「夜間部」