療法学部 視能療法学科

  • 昼間部/4年制
取得できる資格/称号
  • 視能訓練士(国家試験受験資格)
  • 高度専門士

適用制度

  • 『国家資格 合格保証制度』
  • 『完全就職保証制度』

最新機器が揃う実習環境と4年間の手厚い指導。「見える」喜びを届ける、視機能回復のエキスパートへ。

学びのポイント

  • 1
    多種多様な検査機器を網羅
    最新の技術が学べる学内環境

    視能訓練士は相手の症状・年代によって多様な検査機器を使い分ける必要があります。本校では、多種多様な検査道具を設置した学内環境で専門知識に裏打ちされた対応力を身につけることができます。

  • 2
    幅広い就職や進学が可能に
    大卒者と同じ「高度専門士」も取得できる

    卒業時、学歴・待遇面で大学卒業者と同等の「高度専門士」を付与。これは文部科学省が認める公的称号で、就職の際に専門技術を有する証明となるだけではなく、4年制大学の学士と同様に大学院への入学資格も与えられ進学も可能になります。

  • 3
    3年連続 国家試験合格率100%
    個別対策で確実に合格へ導く!

    1年次から小テストを繰り返し行い、学習方法から専任教官が指導します。ひとり1人に合せた個別対策で苦手な部分を確実に克服し、合格へと導きます。【国家試験合格率 3年連続 100%(2013~15年度)

  • 4
    経験豊かな特別講師が直接指導
    「特別講義」

    各分野から経験豊かな最前線の特別講師が教壇に立つ『スペシャルゼミ』・『T.O.L.講義』。業界のプロから直接学ぶことで、最新の動向を常にキャッチできるのがこの授業の特長です。

専攻

専攻

子供から大人まで、幅広い世代にわたる視能訓練に対応! 最終年次で選べる独自の専攻 子供から大人まで、幅広い世代にわたる視能訓練に対応! 最終年次で選べる独自の専攻
×

視能矯正専攻

子どもに対応できる視能技術訓練を学ぶ。
斜視や弱視は子どもの視機能の成長を妨げます。本専攻では、発達期の視覚に関する知識と子どもたちの心理を把握した訓練技術を行い、基本的な視能訓練技術と視能矯正をより専門的に学びます。

視能障害専攻

中途視覚障害者への視能技術訓練を学ぶ。
リハビリテーションの分野でも期待されている視能訓練士。本専攻では、中途視覚障害者に対し、視機能のサポートを通じて生きる希望と生活の質向上を担う視能訓練の方法を学習していきます。

学びのステップ

  1. STEP 1

    1年次基礎医学・人間力

    人体や病気などの基礎医学と、眼の構造やしくみについて学ぶほか、医療従事者としての心構えを育む。

  2. STEP 2

    2年次臨床基礎・専門力

    目の病気について学びながら、検査や訓練など、視能訓練士に必要な技術を、実習の中で修得する。

  3. STEP 3

    3年次臨床実習・応用力

    学内外での実習が本格化。繰り返し練習をする中で、技術の精度を上げていく。

  4. STEP 4

    4年次総合実践力・国家試験

    現場での実習で実践力を修得。国家試験対策や卒業研究のほか、希望する職域の専攻教育を行う。

  5. 資格証

    『視能訓練士』として現場で活躍

    病院の眼科、眼科医院や、視覚障害者の生活支援、ロービジョンケアなどの分野で活躍。

授業ピックアップ

授業ピックアップ

名古屋医専だからできる、徹底した現場教育 名古屋医専だからできる、徹底した現場教育
×

視機能と深く関わる脳「脳の解剖と生理」

物を見るとき、眼で受け取った情報は脳に電気信号(情報)として送られます。視機能を知るために必要な脳の機能を、解剖学を通じて学びます。

多様な検査・矯正機器での「視機能検査学実習」

学内には現場で用いる検査・矯正機器が充実。患者さんを前にしたとき自信を持って検査を行うため、4年間を通じて様々な機器を使い込み、自信を身につけます。

幅広い学習展開「視覚障害リハビリテーション」

視機能が低下した方への対応(ロービジョンケア)。視覚障がい者を介助するガイドヘルパーなど眼の専門家として知識を深めます。

欠かせない知識を学ぶ「眼鏡光学」

眼鏡レンズの性質や構造について眼鏡レンズやコンタクトレンズメーカーでの実習・見学を通して、必要な知識を修得していきます。
資格/就職

資格/就職

資格を手にして、現場で活躍する 資格を手にして、現場で活躍する
×

資格

取得できる資格/称号
  • 視能訓練士(国家試験受験資格)
  • 高度専門士

独自の資格取得システム

その他の資格

受験し合格することにより取得可能

  • 医療秘書技能検定
  • 手話検定

講習を受講することにより取得可能

  • 初級障がい者スポーツ指導員(学内講習受講により取得可能)
  • 赤十字救急法救急員(外部講習受講により取得可能)

取得可能な資格一覧

就職


活躍のフィールド

病院の眼科、眼科医院や、視覚障害者の生活支援、ロービジョンケアなどの分野で、いっそう求められる有資格者。

総合病院・大学病院/眼科医院・クリニックなど。

手厚いサポートと業界ニーズに応える人材育成カリキュラムで、卒業生は全国各地の大学病院・眼科クリニックなどで活躍。


希望者就職率

100%
(2016年3月卒業生)

主な就職先

名古屋大学医学部附属病院、眼科杉田病院、大垣市民病院、さくら総合病院、真生会富山病院、名古屋市西部医療センタ-、泰玄会病院、平田眼科医院、ほんじ眼科クリニック、あま市民病院、田島眼科、滋賀医科大学医学部附属病院、和歌山医科大学附属病院、近江八幡市立総合医療センター、市立長浜病院、和歌山赤十字病院、社会保険中京病院、聖隷浜松病院、前田コンタクトレンズ研究所、HOYAヘルスケア 他(姉妹校 大阪医専の実績を含む)


先輩/教官メッセージ

先輩/教官メッセージ

現場で活躍する卒業生・ 経験豊富な教官からのメッセージを紹介 現場で活躍する卒業生・ 経験豊富な教官からのメッセージを紹介
×
  • 卒業生
    卒業生
    患者さんとのコミュニケーションを 大切にする視能訓練士に。
    武藤 貴義
    名古屋大学医学部附属病院 視能訓練士
    武藤 貴義
    名古屋大学医学部附属病院 視能訓練士
    患者さんとのコミュニケーションを 大切にする視能訓練士に。

    小学生の頃から眼科等に行く機会が多くあり、そこで働く人たちや眼のしくみについて興味を持つようになりました。少しでも眼の悪い人の手助けをしたいと想い、視能訓練士を目指すことを決意。4年間の学校生活や学外実習を通して、子どもからお年寄りまで、幅広い年齢層の方に検査を行いそこで感謝の言葉をいただいた時にはとてもやりがいを感じました。これからは、患者さんの不安な気持ちを少しでも解消できるよう、患者さんひとり一人とのコミュニケーションを大切にする視能訓練士を目指します。

  • 教官
    教官
    コミュニケーション能力の 大切さに注目した教育を展開。
    加藤 権治
    元 稲沢市民病院 視能訓練士
    加藤 権治
    元 稲沢市民病院 視能訓練士
    コミュニケーション能力の 大切さに注目した教育を展開。

    当学科の目標は「即戦力」と「コミュニケーション能力」の養成。コミュニケーションについては、単なる言葉(言語)だけの表層的なものではなく、実際にはそれ以上に重要となる表情や身なりといった「非言語」の大切さについても学びます。子どもからお年寄りまでを相手にする視能訓練士にとって、それほどコミュニケーションは必要な力。知識・技術だけではない「即戦力」を目指しましょう。

その他の学科・専攻

臨床学部

看護学部

療法学部

スポーツ健康学部

東洋医学部

医療情報学部

福祉学部

専科[短期集中講座]

大学生・社会人も通える「夜間部」