スポーツ健康学部 スポーツトレーナー学科

  • 昼間部/2年制
取得できる資格/称号
  • 健康運動実践指導者(資格試験受験資格)
  • JATI認定トレーニング指導者(資格試験受験資格)
  • スポーツリーダー(卒業と同時に申請のみで取得可能)
  • 健康・スポーツ専門士
適用制度
  • 『完全就職保証制度』

「スポーツが好き」。その気持ちを大切にしながら、理論やコミュニケーションスキルを多方面で磨いていく

学びのポイント

  • 1
    最短2年間でトレーナーへ!
    楽しく学んで、実践力も身につく

    1年次で「なりたい自分」を見つけて、2年次で「専門性を高める」。フィットネスクラブにも劣らない充実の設備で、「スポーツが好き」という気持ちを「仕事にしたい」という気持ちに高めます。

  • 2
    就職の幅が広がる!
    様々な関連資格を取得できる

    就職に有利な「健康運動実践指導者」をはじめ、様々な資格を取得することは、「好き」を仕事にする近道。充実した資格対策と就職指導であなたをスポーツ現場へと導きます。

  • 3
    理学療法士など他職種から学ぶ!
    「チーム医療・リハビリテーション」

    スポーツトレーナーは様々な現場でリハビリに取り組むことも少なくありません。リハビリとその効能について、運動機能回復のエキスパートである理学療法士の専任教官から学び、実践します。

  • 4
    経験豊かな特別講師が直接指導
    「特別講義」

    各分野から経験豊かな最前線の特別講師が教壇に立つ『スペシャルゼミ』・『T.O.L.講義』。業界のプロから直接学ぶことで、最新の動向を常にキャッチできるのがこの授業の特長です。

専攻

専攻

ひとり1人に最適な支援法を学ぶ! 最終年次に選べる独自の専攻教育 ひとり1人に最適な支援法を学ぶ! 最終年次に選べる独自の専攻教育
×

キッズスポーツ専攻

子どもたちに遊びを通した身体づくり、動きづくりの指導ができる人材を目指します。

スポーツインストラクター専攻

フィットネスの維持や向上のために、運動指導を楽しく安全に行うためのスキルの修得していきます。

スポーツメディカル専攻

外傷や傷害の予防や治療に関わる専門的な知識や技術の修得を目指します。

学びのステップ

  1. STEP 1

    1年次専門科目の技術と実習

    トレーニングやコンディショニングに関する知識や技術を学習するほか、健康状態の保持・増進についても学習していきます。

    ※1年次の修了時に「日本体育協会公認アスレティックトレーナー」 の資格を目指せるアスレティックトレーナー学科に進路変更することもできます。

  2. STEP 2

    2年次資格取得対策と専攻

    学びの集大成として、現地実習を通してトレーナー訓練を行います。資格取得対策に取り組むとともに、希望する職域に合せた専攻を学びます。

  3. 資格証

    スポーツトレーナー

    スポーツ・医療・健康分野でひとり1人にあった運動プログラムを提供。高齢者や障害者のリハビリテーション分野でも活躍。

授業ピックアップ

授業ピックアップ

名古屋医専だからできる、徹底した現場教育 名古屋医専だからできる、徹底した現場教育
×

スポーツと人体の関係「スポーツ医学」

スポーツと身体の関係をしっかりと把握できていなければ、適切な負荷を計算し、指導することが出来ません。名古屋医専はスポーツだけでなく、医療分野の学科まである専門学校です。医師や博士などの専門家が人体の構造・機能・心理面まで、スポーツが人体に及ぼす影響というものについて指導にあたります。

充実した設備で行う「トレーニング実技」

スポーツスタジオやトレーニングジムなど、プロトレーナーを育成する充実の設備でスポーツ種目や選手の特性に合せたトレーニング指導法の技術を身につけます。

応急処置・再発防止「テーピング実習」

テーピングを学ぶことは、スポーツにおいて重要です。選手をケガから守るだけでなく、ケガへの応急処置・再発予防まで、巻き方を変えることで対応ができます。目的や部位によって適切な対応ができるように、テーピングの巻き方を実践的に学びます。

資格/就職

資格/就職

資格を手にして、現場で活躍する 資格を手にして、現場で活躍する
×

資格

取得できる資格/称号
  • 健康運動実践指導者(資格試験受験資格)
  • JATI認定トレーニング指導者(資格試験受験資格)
  • スポーツリーダー(卒業と同時に申請のみで取得可能)
  • 健康・スポーツ専門士

独自の資格取得システム

その他の資格

受験し合格することにより取得可能

  • エアロビックダンスエクササイズインストラクター
  • レジスタンスエクササイズインストラクター
  • ストレッチングエクササイズインストラクター

講習を受講することにより取得可能

  • 初級障がい者スポーツ指導員(学内講習受講により取得可能)
  • 赤十字救急法救急員(外部講習受講により取得可能)

取得可能な資格一覧

就職


活躍のフィールド

スポーツ施設での活躍はもちろん、高齢者や障害者のリハビリテーションまで広がり続ける活動領域。フィットネスクラブ、地域スポーツ施設、トレーナー派遣会社、パーソナルトレーナー、健康増進施設、福祉施設など、学生ひとり1人が自ら選択でき、納得できる進路が得られるように専門の就職指導担任がバックアップ。


希望者就職率

100%
(2016年3月卒業生)
教官メッセージ

教官メッセージ

経験豊かな教官の声を紹介 経験豊かな教官の声を紹介
×
  • 教官
    教官
    医療に特化した環境で学ぶことで、トレーナーとしての活躍の幅も広がる。
    髙橋 章
    元 成田記念病院 日本体育協会公認 アスレティックトレーナー 健康運動指導士、健康科学アドバイザー、整体師
    髙橋 章
    元 成田記念病院 日本体育協会公認 アスレティックトレーナー 健康運動指導士、健康科学アドバイザー、整体師
    医療に特化した環境で学ぶことで、トレーナーとしての活躍の幅も広がる。

    スポーツトレーナーになるという夢を実現するためには、様々な進路があると思います。名古屋医専で学ぶメリットとしてはやはり、スポーツ分野で活躍している教官だけでなく、医療のスペシャリストからも学べること。たとえば、物理療法実習では、最新の医療機器を使って筋肉の損傷を和らげるための技術などを修得します。広い視野を持って医学系の知識も深めておくと、将来トレーナーになったときに必ず活きてくるはずです。

その他の学科・専攻

臨床学部

看護学部

歯科医療学部

療法学部

スポーツ健康学部

東洋医学部

医療情報学部

福祉学部

専科[短期集中講座]

大学生・社会人も通える「夜間部」