医療情報学部 診療情報管理学科

  • 昼間部/3年制
取得できる資格/称号
  • 診療情報管理士(資格試験受験資格)
  • 診療報酬請求事務力認定(受験し合格することにより取得可能)
  • 医療情報技師(受験し合格することにより取得可能)
  • 医療秘書技能検定(受験し合格することにより取得可能)
  • 医療情報専門士
適用制度
  • 『完全就職保証制度』

病院経営を支える専門職。医療情報管理の最高位である「診療情報管理士」へ。

学びのポイント

  • 1
    診療情報管理士に求められる
    最新カリキュラムを導入!!

    診療情報管理士に新たに求められる、DPC演習やがん登録をはじめ、最新の応用医療事務の授業を展開します。

  • 2
    生きた知識を現役ドクターから学ぶ!
    最前線で活躍する指導陣

    医師をはじめとする実務経験豊富な指導陣がいるため、実践的で質の高い授業が受けられます。

  • 3
    難関資格の診療情報管理士
    万全の資格対策で高い合格実績

    個別対策で苦手な部分を確実に克服し、診療情報管理士の資格合格へと導きます。また、現場で需要の高い「医師事務作業補助技能認定試験(ドクターズクラーク)」にも対応しています。

  • 4
    経験豊かな特別講師が直接指導
    「特別講義」

    各分野から経験豊かな最前線の特別講師が教壇に立つ『スペシャルゼミ』・『T.O.L.講義』。業界のプロから直接学ぶことで、最新の動向を常にキャッチできるのがこの授業の特長です。

  • 5
    資格取得の最短コース 3年間で、
    診療情報管理士へ!

    医師をはじめとする実務経験豊富な指導陣が診療情報の生きた知識を指導。導入が進められるDPC演習(がん登録含む)をはじめ、最新の応用医療事務の授業を展開します。

  • 6
    総合校ならでは
    他職種とも実践形式で学べる!

    医療を情報から支える診療情報管理士。 医療サービスの向上や病院経営に携わる存在として「チーム医療」の一員として欠かせません。大阪医専なら医療の総合校ならではの強みを活かして、実践形式の授業で他職種理解とコミュニケーション力を学びます。

専攻

専攻

医療情報の新しい流れに対応! 最終年次に選べる独自の専攻教育 医療情報の新しい流れに対応! 最終年次に選べる独自の専攻教育
×

診療情報管理専攻

現在は、医療情報管理の大きな変革期。T社会に対応した高度なコンピュータの知識・技術の修得します。また、診療情報の分析手法を学び、自ら情報発信できる診療情報管理士を目指します。

医療経営管理専攻

赤字病院が増えている昨今、診療情報管理士には医療情報から経営状態を的確に読み取ることが求められます。本専攻では、経営学の基本を学び、経営的な視点を持った診療情報管理士を目指します。

学びのステップ

  1. STEP 1

    1年次基礎医学・医療事務

    人体と病気についての基礎を学ぶほか、医療事務をはじめとする病院内での業務や病院全体のしくみを学ぶ。

  2. STEP 2

    2年次専門知識・情報管理技術

    医療知識と情報管理技術を高度なレベルまで修得。また将来の業務をイメージするため、診療情報管理の見学実習も行う。

  3. STEP 3

    3年次病院実習・資格取得

    病院実習で実践的な技術を修得し、様々な資格取得に向けた対策講座と希望する職域の専攻教育を学ぶ。

  4. 資格証

    診療情報管理士

    医療情報の管理、分析、統計を通して医療の質を高め、医療現場と病院経営を支えるデータ管理の専門職として活躍。

授業ピックアップ

授業ピックアップ

大阪医専だからできる、徹底した現場教育 大阪医専だからできる、徹底した現場教育
×

電子カルテ時代に対応した授業「医事コンピュータ」

教育用電子カルテ入力システムで操作方法から様々な情報技術までを総合的に学習。またカルテから正確な患者情報を読み取れる力を養います。

病名コードの理解「分類法演習」

病気には各疾病ごとに世界共通の番号(ICDコード)があります。コードをつけるコーディングの目的と定義を理解し、正確に分類する技術を身につけます。

表作成・統計処理「コンピュータ実習」

初めは「Excel」から取り組み、最終的には医療情報の統計処理を行えるレベルにまで到達します。

基礎医学の修得「臨床医学各論」

カルテ内の病気のことを知るために身体の機能やしくみ、そして治療方法について医学専門の専任教官より学びます。

理学療法士との「チーム医療・介助道具」

院内で必要となる介助道具の使用方法を、リハビリのエキスパートである理学療法士の専任教官から学び、現場で対応できる知識を体得します。

資格/就職

資格/就職

資格を手にして、現場で活躍する 資格を手にして、現場で活躍する
×

資格

取得できる資格/称号
  •  診療情報管理士(資格試験受験資格)
  •  診療報酬請求事務力認定(受験し合格することにより取得可能)
  •  医療情報技師(受験し合格することにより取得可能)
  •  医療秘書技能検定(受験し合格することにより取得可能)
  •  医療情報専門士

独自の資格取得システム

その他の資格

受験し合格することにより取得可能

  • 医事コンピュータ技能検定
  • ITパスポート試験
  • 医師事務作業補助技能認定試験

講習を受講することにより取得可能

  • 赤十字救急法救急員(外部講習受講により取得可能)
  • 手話技能検定※
  • 福祉住環境コーディネーター※
  • メイクセラピー検定3級※
  • ネイリスト技能検定3級※
  • 初級障がい者スポーツ指導員※
  • アロマコーディネーター検定※
  • メンタルヘルスマネジメント検定Ⅲ種※

※学内講習受講により取得可能。資格により検定試験の受験も必要

取得可能な資格一覧

就職


活躍のフィールド

医療機関の情報管理と情報開示を推進する存在として、病院や医療システム開発会社などで活躍。

特定機能病院、地域医療支援病院、一般病院、診療所、クリニック、医療システム開発会社など、医療の総合校だから、大学病院や総合病院など幅広い病院との太いパイプを持っています。そのため本校に寄せられる医療事務の求人数も圧倒的です。


希望者就職率

100%
(2016年3月卒業生)

主な就職先

神戸大学医学部附属病院、京都大学医学部附属病院、大阪市立大学医学部付属病院第2外科、近畿大学医学部附属病院、和歌山医科大学附属病院、帝京大学医学部附属溝口病院、国立病院機構金沢医療センター、大阪府立急性期・総合医療センター、大阪府立成人病センター、大阪府立母子保健総合医療センター、りんくう総合医療センター、地域医療機能推進機構星ヶ丘医療センター、国家公務員共済組合連合会大手前病院、愛染橋病院、大阪赤十字病院、高槻赤十字病院、大津赤十字病院、済生会泉尾病院、神戸中央病院、明石市医師会立明石医療センター、尼崎医療生協病院、日本生命済生会付属日生病院、済生会中津病院、済生会千里病院、医誠会病院、摂津医誠会病院、神戸徳洲会病院、野崎徳洲会病院、八尾徳洲会病院、宇治徳洲会病院、洛和会音羽病院、愛仁会高槻病院、交野病院、協和会協立病院、小曽根病院、東豊中渡辺病院、豊中平成病院、馬場記念病院、紀和病院、さわ病院、城山病院、泉佐野優人会病院、医真会八尾総合病院、協和会病院、桜橋渡辺病院、西宮協立脳神経外科病院、神戸掖済会病院、岡波総合病院、清恵会病院、高石加茂病院、大東中央病院、畷生会脳神経外科病院、南港病院、宝塚第一病院、宮地病院、明治橋病院、博愛記念病院、榎坂病院、北摂総合病院、育和会記念病院、東宝塚さとう病院、藍野病院、久野病院、東浦平成病院、堺近森病院、宮地病院、長浜赤十字病院、箕面市立病院、草津総合病院、津山中央病院、柏厚生総合病院、松江赤十字病院、大阪暁明館病院、堺温心会病院、阪和住吉総合病院、徳島県立三好病院、西宮渡辺病院、長吉総合病院 他


先輩/教官メッセージ

先輩/教官メッセージ

活躍する先輩と教官の声を紹介 活躍する先輩と教官の声を紹介
×
  • 卒業生
    卒業生
    大学病院への就職。情報の重要性が問われる今、この仕事の必要性を感じます。
    松尾 由紀
    神戸大学医学部附属病院/診療情報管理士
    松尾 由紀
    神戸大学医学部附属病院/診療情報管理士
    大学病院への就職。情報の重要性が問われる今、この仕事の必要性を感じます。

    現在、診療情報管理士として、がん登録やカルテの記入方法の院内教育、カルテのチェック、電子カルテの導入業務などに携わっています。がん登録については、法制度化も実現し、情報の重要性が問われるなか、その役割はますます必要不可欠なものとなっています。大きな組織なので簡単にはいかないことが多いですが、私たちがいて良かったと言ってもらえるような仕事を、自らつくっていきたいと思っています。

  • 教官
    教官
    病院経営にも重要な役割を果たす診療情報管理士を育成します。
    松下 邦恵
    診療情報管理士、医療情報技師、歯科衛生士
    松下 邦恵
    診療情報管理士、医療情報技師、歯科衛生士
    病院経営にも重要な役割を果たす診療情報管理士を育成します。

    保健医療分野における情報化(IT化)が推進される中、適切な情報提供が重要視されています。そのためには、情報のすべてを収集し、管理、活用できる専門職が必要です。その役割を担うのが、診療情報管理士。資格取得のために、基礎医学授業や医療情報学、病院経営学など、より専門的・実践的な授業を行っています。患者中心のチーム医療が言われている今、医師をはじめ医療専門職との連携を図り、情報共有のための様々な記録の管理、発信を行うことで、その一員となります。安心、安全でより良い医療サービスを提供するために、無くてはならない存在、必要とされる医療人になることを目標に共に学びましょう。

その他の学科・専攻

臨床学部

看護学部

療法学部

スポーツ健康学部

東洋医学部

医療情報学部

福祉学部

専科[短期集中講座]

大学生・社会人も通える「夜間部」