療法学部 視能療法学科

  • 夜間部/4年制
取得できる資格/称号
  • 視能訓練士(国家試験受験資格)
  • 医療専門士

適用制度

  • 『国家資格 合格保証制度』
  • 『完全就職保証制度』

最新機器が揃う実習環境と4年間の手厚い指導。「見える」喜びを届ける、視機能回復のエキスパートへ。

学びのポイント

  • 1
    基礎からじっくり学べる
    全国でも唯一の夜間部・4年制

    昼間部に比べ、夜間部の学費は安くなっています。転職やキャリアアップを目指してもう一度学びたい方や学費が高くて医療の勉強を断念している方を大阪医専は学費面でもサポートします。

  • 2
    多種多様な検査機器を網羅
    最新の技術が学べる学内環境

    視能訓練士は相手の症状・年代によって多様な検査機器を使い分ける必要があります。本校では、多種多様な検査道具を設置した学内環境で専門知識に裏打ちされた対応力を身につけることができます。

  • 3
    国家試験合格率100%
    個別対策で確実に合格へ導く!

    1年次から小テストを繰り返し行い、学習方法から専任教官が指導します。ひとり1人に合せた個別対策で苦手な部分を確実に克服し、合格へと導きます。【国家試験合格率100% 2015年実績

  • 4
    経験豊かな特別講師が直接指導
    「特別講義」

    各分野から経験豊かな最前線の特別講師が教壇に立つ『スペシャルゼミ』・『T.O.L.講義』。業界のプロから直接学ぶことで、最新の動向を常にキャッチできるのがこの授業の特長です。

学びのステップ

学びのステップ

×

学びのステップ

  1. STEP 1

    1年次基礎医学・人間力

    人体や病気などの基礎医学と、眼の構造やしくみについて学ぶほか、医療従事者としての心構えを育む。

  2. STEP 2

    2年次臨床基礎・専門力

    目の病気について学びながら、検査や訓練など、視能訓練士に必要な技術を、実習の中で修得する。

  3. STEP 3

    3年次臨床実習・応用力

    学内外での実習が本格化。繰り返し練習をする中で、技術の精度を上げていく。

  4. STEP 4

    4年次総合実践力・国家試験

    現場での実習で実践力を修得。国家試験対策や卒業研究のほか、希望する職域の専攻教育を行う。

  5. 資格証

    『視能訓練士』として現場で活躍

    病院の眼科、眼科医院や、視覚障害者の生活支援、ロービジョンケアなどの分野で活躍。

授業ピックアップ

授業ピックアップ

大阪医専だからできる、徹底した現場教育 大阪医専だからできる、徹底した現場教育
×

視機能と深く関わる脳「脳の解剖と生理」

物を見るとき、眼で受け取った情報は脳に電気信号(情報)として送られます。視機能を知るために必要な脳の機能を、解剖学を通じて学びます。

多様な検査・矯正機器での「視機能検査学実習」

学内には現場で用いる検査・矯正機器が充実。患者さんを前にしたとき自信を持って検査を行うため、4年間を通じて様々な機器を使い込み、自信を身につけます。

幅広い学習展開「視覚障害リハビリテーション」

視機能が低下した方への対応(ロービジョンケア)。視覚障がい者を介助するガイドヘルパーなど眼の専門家として知識を深めます。

欠かせない知識を学ぶ「眼鏡光学」

眼鏡レンズの性質や構造について眼鏡レンズやコンタクトレンズメーカーでの実習・見学を通して、必要な知識を修得していきます。
資格/就職

資格/就職

資格を手にして、現場で活躍する 資格を手にして、現場で活躍する
×

資格

取得できる資格/称号
  • 視能訓練士(国家試験受験資格)
  • 医療専門士

独自の資格取得システム

その他の資格

受験し合格することにより取得可能

  • 福祉住環境コーディネーター
  • 手話技能検定

講習を受講することにより取得可能

  • 初級障がい者スポーツ指導員(学内講習受講により取得可能)
  • 赤十字救急法救急員(外部講習受講により取得可能)

取得可能な資格一覧

就職


活躍のフィールド

病院の眼科、眼科医院や、視覚障害者の生活支援、ロービジョンケアなどの分野で、いっそう求められる有資格者。

総合病院・大学病院/眼科医院・クリニック など、手厚いサポートと業界ニーズに応える人材育成カリキュラムで、卒業生は全国各地の大学病院・眼科クリニックなどで活躍。


希望者就職率

100%
(2016年3月卒業生)

主な就職先

大阪大学医学部附属病院、京都大学医学部附属病院、近畿大学医学部附属堺病院、滋賀医科大学医学部附属病院、奈良県立医科大学附属病院、和歌山県立医科大学附属病院、関西医科大学附属滝井病院、関西医科大学付属枚方病院、兵庫医科大学、香川大学医学部附属病院、琉球大学医学部附属病院、国立病院機構舞鶴医療センター、大阪府立病院機構、兵庫県立尼崎病院、市立吹田市民病院、十三市民病院、神戸市立医療センター中央市民病院、近江八幡市立総合医療センター、市立小野市民病院、市立長浜病院、大阪赤十字病院、和歌山赤十字病院、舞鶴赤十字病院、国民健康保険南丹病院、社会保険紀南病院、奈良社会保険病院、社会保険中京病院、京都民医連中央病院、済生会野江病院、済生会中和病院、済生会奈良病院、松原徳洲会病院、宇治徳洲会病院、住友病院、北野病院、関西労災病院、神戸掖済会病院、摂南総合病院、城山病院、美杉会佐藤病院、清恵会病院、香里ケ丘有恵会病院、北摂総合病院、日野記念病院、富山病院、京都桂病院、協和会協立病院、聖隷浜松病院、吉田病院、多根記念眼科病院、天理よろず相談所病院、阪南中央病院、岡波総合病院、保倉眼科、神奈川クリニック、CR- LASI Kセンター、前田コンタクトレンズ研究所、長島病院、大石眼科医院、おかもと眼科、神戸クリニック三宮、ワタナベ眼科、バプテスト眼科クリニック、品川近視クリニック大阪院、山本眼科、湖崎眼科、しらき眼科、川上眼科、千原眼科医院、岡部眼科医院、H OYA ヘルスケア、オプチカ、岩下眼科、新見眼科 他


先輩/教官メッセージ

先輩/教官メッセージ

活躍する先輩と教官の声を紹介 活躍する先輩と教官の声を紹介
×
  • 卒業生
    卒業生
    常に臨床現場を意識して学んだことが、 今、活きていると実感。
    長田 奈津子
    大阪赤十字病院 視能訓練士
    長田 奈津子
    大阪赤十字病院 視能訓練士
    常に臨床現場を意識して学んだことが、 今、活きていると実感。

    家族に目が不自由な人がいたため、何か役に立ちたいと思い、視能訓練士を目指しました。大阪医専は「チーム医療」が学べ、在学時から他職種と関われることに惹かれて入学しました。教官から常に言われていたのが「臨床を想定して練習しなければ、何も身につかない」ということ。このおかげで実習だけでなく、座学においても、常に臨床を意識して取り組むようになりました。臨床現場にいる今、それが活きていると実感しています。

  • 教官
    教官
    「目配り」「気配り」「思いやり」を持った視能訓練士に。
    田原 洋子
    元 財団法人 大阪市環境保健協会 視能訓練士
    田原 洋子
    元 財団法人 大阪市環境保健協会 視能訓練士
    「目配り」「気配り」「思いやり」を持った視能訓練士に。

    眼球は10円玉ほどのとても小さな感覚器官ですが、視覚というきわめて精緻な知覚を司るため、非常に複雑かつ特異な構造をしています。その眼の健康管理をし眼科診療を担う専門職が視能訓練士です。大阪医専では、視能訓練士に必要な基礎知識・技能だけでなく、医療職としての接遇・コミュニケーション能力など社会で必要となる基本能力も身につけます。また、本校ならではの「チーム医療」教育により、お互いの職域を尊重する柔軟な思考力、個々の状況を把握しチームの中で連携しながら能動的に動く為の判断能力も修得していきます。

その他の学科・専攻

臨床学部

看護学部

療法学部

スポーツ健康学部

東洋医学部

医療情報学部

福祉学部

大学生・社会人も通える「夜間部」