経験豊かな特別講師が直接指導「特別講義」

<T.O.L.講義>諏訪中央病院 名誉院長 鎌田實先生 「命を支えるということ ~健康づくり・地域包括ケア・外国の災害支援について~」

タグを見る

現代医療の礎を築いた特別講師が教壇に立ち、学生たちに直接指導するトップ・オピニオン・リーダー(T.O.L.)講義。その貴重な特別講義を一部紹介します。

今回は、長野県の諏訪中央病院 名誉院長であり、世界的に活動を続けている医師・作家の鎌田實先生を講師にお招きしました。テーマは「命を支えるということ ~健康づくり・地域包括ケア・外国の災害支援について~」。

30代で諏訪中央病院の院長に就任した後、地域医療に尽力し、経営難だった病院を再生させたことでも知られる鎌田先生。現在、日本テレビ系列情報番組「news every.」に毎週木曜レギュラー出演しています。

活動拠点は日本に留まらず、1991年よりベラルーシ共和国の放射能汚染地帯へ医師団を派遣し、医薬品を支援。2004年にはイラク支援を開始。難民キャンプでの診察を続けています。東北の被災者支援にもいち早く取り組み、「がんばらない」「1%はだれかのために」と言いながら、多方面で常に100%以上の精力的な活動を行っています。

講義では、

・長野県がなぜ健康長寿になったのか?

・地域包括ケアの実践例

・医療支援を行ってきたアラブ世界の現実

など、様々な医療現場の最前線についてお話いただきました。「希望を持つことが免疫システムの強化につながる」といった先生の実体験に裏打ちされた言葉の数々に、学生は真剣な表情で聞き入っていました。