大阪医専ニュース

【社会人対象】最大144万円給付「教育訓練給付制度」に、言語聴覚学科が追加!

タグを見る

この度、言語聴覚学科(昼2年)が「専門実践教育訓練給付金」の対象学科として新たに指定追加されました。

働く人のキャリアアップ・再就職を支援する教育訓練給付金。
2014年10月1日より従来の上限10万円だった教育訓練給付金に加え、「専門実践教育訓練給付金」と「教育訓練支援給付金」が設立。 厚生労働省が専門的・実践的な教育訓練として指定した講座は、一定の要件を満たした場合に、3年間で最大144万円の給付金と離職時の基本手当の日額に相当する額の半額が受講期間中にハローワークから支給されます。

追加指定された言語聴覚学科(昼2年)を含め、大阪医専での対象学科は以下となります。

(A)専門実践教育訓練給付金<新設>

指定講座言語聴覚学科(昼2年)NEW
鍼灸学科(昼3年)
鍼灸学科(夜3年)
柔道整復学科(昼3年)
柔道整復学科(夜3年)
臨床工学技士特科(昼1年)
介護福祉学科(昼2年) 
精神保健福祉学科(昼1年)
※各学科の入学資格は入学相談室に問合せください。
支給額最大で3年間144万円、2年間96万円、1年間48万円(下記①+②)
①受講中:教育訓練経費の40%(年間最大で32万円)
②修了後:教育訓練経費の20%が追加支給(修了日から1年以内に一般被保険者として雇用された又は雇用されている等の場合)
※教育訓練経費は学科により異なる
対象者在職者・離職者ともに初めて教育訓練給付金を受給する場合、雇用保険被保険者期間が2年以上
※2回目以降の受給の場合は雇用保険被保険者期間が通算10年以上
※離職者の場合、受講開始日が離職後1年以内

(B)教育訓練支援給付金<新設>

概要専門実践教育訓練給付金を初めて受給する離職者で、受講開始時に45歳未満など一定の要件を満たす場合、離職直前の6ヵ月間に支払われた賃金額から算出された基本手当の日額に相当する額の半額が支給される(夜間・通信コースは除く)

<継続>一般教育訓練給付金 ※従来制度のまま

概要受講費の20%(上限10万円)が支給される一般教育訓練給付金対象学科は下記となります。(専門実践教育訓練給付金指定講座へ拡充された学科は除く)
救急救命学科(昼・夜3年)/実践看護学科(昼3年)/言語聴覚学科(夜3年)/精神保健福祉学科(夜2年)

給付金手続きは事前にハローワークで行う必要があるため、早めに入学相談室に問合せください。