MENU

東京福祉医療専門職大学 Q&A

大学教育としての知識実践的な職業能力の両方が身につく新しい大学制度です。

なぜ今、国が専門職大学をつくろうとしているの?

これからの日本に必要な人材を育成するため、従来の大学制度では実現できなかった専門分野の「職業教育」が必要だからです。

高度に複雑化した医療の中で、もはや医師が一人で医療提供を行うことは不可能であり、関連する分野の医療従事者が連携する「多職種連携」が必要です。そこで、医療現場で的確かつ柔軟に対応できる「多職種連携」の目線と実践力をもった、将来を担う「専門的ジェネラリスト」の養成が不可欠となり、国が55年ぶりに新しい大学制度として「専門職大学」を創設しました。

▲INDEXへ

既存の大学や専門学校との違いは?

職業に直結したカリキュラムで、学位として国が認めた専門職の「学士」が取得できます。

既存の大学が「学問が中心」の教育を行うのに対し、専門職大学は医療福祉業界と連携した「職業教育が中心」のカリキュラムです。
同じく職業教育を行う専門学校は、現場に必要な実践教育を行いますが、専門職大学ではそれに加えて、多職種連携の実践力や応用力を身につけます。そして卒業時には、あらゆる病院・企業の求人や海外での就職に優位に働く、学位として国が認めた専門職の「学士」が取得できます。

▲INDEXへ

国家資格と就職のサポートについて知りたい

グループ校で希望者就職率100%を実現し続けてきた資格取得と就職支援システムを導入しています。

【国家資格 合格保証制度】
厚生労働省が指定する本学の学科において卒業認定を受けた人で、国家試験に万一合格できなかった場合、卒業後、資格取得に向けた勉学を継続するために必要な学費は2年間本学が負担します。
【完全就職保証制度】
卒業時に万一就職できない場合、卒業後、就職が決定するまでの必要な学費は本学が負担します(入学時35歳未満対象)。
【生涯バックアップシステム】
卒業生が転職や再就職したいときにバックアップします。

▲INDEXへ

説明会・イベントへの参加や資料請求はできますか?

できます。

説明会・イベントの日程確認・申込みはコチラ
資料請求はコチラより申込めます。
また、相談・説明は毎日実施しています。詳細・申込みはコチラ

▲INDEXへ

資料請求[無料] 説明会・イベント
問合せ・アクセス TOP