医療情報分野 チーム医療を円滑に進める。

チーム医療を円滑に進める。

現場における医療や研究の情報は単に業務をコンピュータ化、システム化するものではなく、それぞれの病院や医師の理念、ビジョン、使命、役割、目的といったものに沿うものでなければなりません。医療情報の管理、事務処理、情報システムの開発は、病院の目指す方向を正しく理解するところから始まります。

首都医校・大阪医専・名古屋医専では基礎知識として病院マネジメントに関する事項や、医学知識を学び、また、それをどのように整理・管理していくかといった具体的な手法を修得していきます。高度な知識と多彩な能力を身につけなければならない職種となりますが、それだけにやりがいも多く重要な仕事となります。そんな夢への第一歩がここにあります。

目指せる仕事

医療情報分野

  • 診療情報管理士

    医療や研究に役立つようにカルテを保管・管理したり、診療データを医師や医療関連機関などへ提供する。病院のコンピュータシステムや電子カルテ化に対応できる技術が必要。

  • 医療秘書

    医師や看護師たちが患者の治療や診断に専念できるよう、医療知識を備えた秘書として事務をサポートする。医療用語やコンピュータ、簿記、医療保険などを知る必要がある。

医療情報分野の仕事を目指せる学科

オープンキャンパスで本校のすべてを確かめてみよう!

校舎見学や入学相談は毎日実施しています。

CONTACT

本校で目指せる仕事