リハビリ・スポーツ分野 機能回復をサポートする。

機能回復をサポートする。

高齢や病気、ケガ等で身体の機能が衰えたり障害を抱え正常に動かなくなった人に対し、機能の回復をサポートしたり、スポーツをする人に対しケガや病気をしない様、サポートをする専門家を養います。職種によって対象は子供から大人、老人まで、トップアスリートから身体の障害、言語・聴覚・視覚の障害者まで幅広く対応します。ですので、専門的な勉強だけでなく、医療について幅広い知識と技術も必要です。それだけに学ぶことは多く、就職をした後も常に新しい知識が要求されます。患者と接することは難しいですが、問題を乗り越えた時の喜びも体験できるので得るものも多いのではないでしょうか。

首都医校・大阪医専・名古屋医専では充実した設備だけでなく医師や博士などの専門家が直接指導します。「好きなこと」を仕事にする。そんな夢へのスタートを完全バックアップ致します。

目指せる仕事

リハビリ・療法分野

  • 理学療法士

    医師の指示のもと、障害のある患者の筋力や運動機能をテストし、その上で治療計画を立てて指導・訓練を行う。電気刺激、運動療法などで基本的運動能力の回復を図る。

  • 作業療法士

    医師の指示のもと、障害のある患者にさまざまな作業を指導。応用的動作や社会適応能力の回復を図る。主に手芸・工芸などの創作的活動、食事や着替えなど日常動作訓練を行う。

  • 言語聴覚士

    言語や聴覚に障害のある人に、適切な検査や訓練および家族への指導を行い、コミュニケーション能力の向上を図る。リハビリテーションの新しい専門職として注目を集めている。

  • 視能訓練士

    視機能障害を持つ人を対象に、医師の指示のもと精密な光学機器を使って、視力・視野・色覚や眼球運動など、眼をあらゆる面から調べる。また、その機能回復のためのリハビリテーションを行う。

スポーツ分野

  • スポーツトレーナー

    地域やスポーツ施設で、個人の目標やレベルに合った指導・援助を行う。運動の指導だけでなく、成人病やストレス、肥満などを解消するための健康管理のサポートも仕事になる。

  • アスレティックトレーナー

    スポーツ選手がけがや病気をしないよう、また競技において最大限の力が発揮できるよう心身ともにサポートする。栄養管理からトレーニング指導、応急処置、リハビリ訓練などが仕事。

リハビリ・スポーツ分野の仕事を目指せる学科

  • 理学療法学科

    患者の社会復帰を促す理学療法士を養成。失われた機能を回復するために、運動療法や物理療法をはじめ、チーム医療に必要な人間性を修得します。

  • 作業療法学科

    様々な作業や訓練により、社会生活に必要な運動能力や適応能力の回復を図る作業療法士を養成。最新施設・器具を使った豊富な実習により、チーム医療に必要な豊かな人間性を身につけます。

  • 言語聴覚学科

    失語症や聴覚障害など、言語や聴覚に障害を持つ人に対して、適切な検査や訓練・指導を行う言語聴覚士を養成。医療系科目、心理・言語系科目も学び、実践力と人間性を培います。

  • 視能療法学科

    弱視や斜視など視覚障害のある人に対して、検査や回復訓練を行う視能訓練士を養成。最新の眼科医療機器・検査機器を用意し、国家試験合格を見据えた理論と高度な技術、思いやりの心を磨きます。

  • 視能訓練士特科

    子どもから高齢者まで、世代を超えて、人間の一生に関わる"眼"の健康管理や機能回復は、生活の質を向上させるために必要不可欠です。仕事をしながら、学びながら、今ある知識・技術を活かして、短期間で視能訓練士を目指します。

  • スポーツトレーナー学科

    一般人を対象に、個人の体力や運動能力・目的に応じて特別なメニューを提供し、目標に向けて指導できるスポーツトレーナーを養成。理論と実践をバランス良く学び、健康の大切さを伝えられるプロを目指します。

  • アスレティックトレーナー学科

    スポーツ選手がケガをしないよう、また競技で最大限力を発揮できるよう指導するアスレティックトレーナーを養成。スポーツ心理学や療法を学び、心身両面からサポートできる技術を修得します。

オープンキャンパスで本校のすべてを確かめてみよう!

校舎見学や入学相談は毎日実施しています。

CONTACT

本校で目指せる仕事