教育諮問委員会

名古屋大学医学部
元教授陣の支援による、
強力なバックアップ体制。

創造性あるエキスパートを養成するためには、最新の施設・設備と共に、様々な分野の接触によるシナジー効果(相乗効果)が必要不可欠です。名古屋医専では時代にマッチしたカリキュラムづくりや教育方法の全面的支援のために、「教育諮問委員会」を結成。様々な専門性をもつブレーンが知的融合を図り、現場の最先端に対応する医療・福祉教育のあり方を探求します。メンバーは重鎮たる教授陣。「明日の一流」に向かうあなたを、心強くバックアップしてくれます。


  • 加藤 延夫

    名古屋大学 名誉教授
    名古屋大学 元総長

    名古屋大学医学部教授(細菌学)、同医学部長、名古屋大学総長、愛知芸術文化センター総長、愛知医科大学理事長・学長を歴任。この間、日本細菌学会長、日本医学会総会副会頭を務める。現在、NPO「愛・知・みらいフォーラム」理事長。2006年 瑞宝大授章受章。


  • 柳 務

    名古屋第二赤十字病院 名誉院長
    認知症介護研究・研修大府センター長
    DIAN-Japan 研究アドバイザリーボード委員

    名古屋第二赤十字病院神経内科部長、副院長、院長を歴任して現在に至る。名古屋大学医学部臨床教授、愛知医科大学講師、藤田保健衛生大学客員教授も兼任。日本内科学会、日本神経学会、日本神経治療学会の評議員を務め、日本認知症学会にも所属。名古屋第二赤十字病院長時代には日本赤十字社病院長連盟中部ブロック代表。


  • 猪田 邦雄

    名古屋大学 名誉教授
    医療法人三仁会 あさひ病院 顧問
    専門は整形外科学(関節外科)・リハビリテーション医学。名古屋大学医学部付属病院整形外科医局長、名古屋大学医療技術短期大学部、名古屋大学医学部保健学科、名古屋大学大学院医学部保健学科などの教授を経て現在に至る。日本整形外科学科、中部日本整形外科災害外科学会、日本膝関節学会、日本リハビリテーション医学会、日本技士装具学会、日本股関節学会、日本体力医学会、日本運動器リハビリテーション医学会に所属。


  • 岡崎 恒子

    名古屋大学 特別教授・名誉教授
    日本学術振興会ストックホルム研究連絡所 元センター長

    わが国の分子生物学の草分け的人物。D N Aの鎖不連続複製「岡崎フラグ メント」の発見により瑞宝中綬章、分子生物学に対する貢献により紫綬褒章などを受章。日本分子生物学会会長、日本細胞生物学会評議員、名古屋大学出版会理事を歴任。2015年、文化功労者顕彰。

   

名古屋医専だからできること

完全担任制で、ゼロから深く学ぶ。

名古屋大学医学部 元教授陣の支援による、強力バックアップ体制。

資格・就職に強い!卒業後もサポートが充実。

名古屋医専について