独自の教育システム

責任ある医療・福祉・スポーツの
現場へ。
単なる有資格者では終わらせない。

知識・技術だけではない「エキスパート」を育てるのが、名古屋医専の教育。 だからこそ、広く、深く、就業年限も長い。 身につくのは、現場で活きる確かな力。

ひとり一人に徹底した「基礎教育」から
始まります。

まずは専門科目の学びに必要な「基礎医学」を
徹底指導します。

医療分野の専門科目をスムーズに学ぶためには、解剖学・生理学・病理学などの基礎医学の十分な理解が必要となります。
本校では、基礎的な内容で学生がつまずかないよう「基礎医学」も臨床経験や教育経験が豊かな専任教官が徹底指導。小テストや補習などで、きめ細やかなサポートを行います。また教科書だけではなく、骨格模型や筋肉模型などを用いて、基本的な人体のしくみや構造についても理解していきます。

医療人としての「基礎能力」を高める授業を
行います。

医療・福祉分野の勉強というとレベルの高い難しいものと考えがちです。そこで本校では、学びの礎(いしずえ)となる基礎能力を養うため、「文章能力開発」「 コミュニケーション能力開発」などの授業を実施。
聞き慣れない医学用語を理解していくための読み書き能力や、レポートの書き方、報告・連絡・相談などのスキルを身につけ、将来は他職種との連携や交流の中で、リーダーシップを発揮できる医療人としての基礎能力を高めます。

目指す職種の現場に即した最先端の
「専門教育」。

医療・福祉・スポーツ教育に『専攻制』を導入!

ますます高度化していく医療・福祉・スポーツの現場。
エキスパートとして活躍するためには、職種に特化した専門知識が必要です。本校では、医療・福祉からスポーツまで、目指す職種に即した学部・学科編成。
専任教官が専門分野の基礎からしっかりと指導していきます。さらに昼間部の学科では、ひとり一人が専門分野の現場で通用する知識・技術を深めるために、各専攻を選んで学びます。

臨床現場と同じ学内環境・豊富な
学外実習提携先!

人の命や健康に携わる現場に、妥協は許されません。
学んだ知識に加え、訓練によって鍛え上げられた技術が必要不可欠です。本校では、臨床現場と同じ学内施設・設備で、臨床経験・教育経験が豊富な専任教官が責任を持って指導します。
また病院・施設との強力なネットワークにより、豊富な学外実習先を確保。学内で身につけた知識・技術は実際の現場を経験することで、より確かな実践力になります。

本校は、文部科学大臣「職業実践専門課程」の
認定校です。

実践的かつ専門的な能力を育成する学校として、認定初年度となる2014年4月から修業年限等の申請要件を満たす学科すべてが文部科学大臣から指定されました。
これは創立以来、医療・福祉業界との連携のもと実践してきたありのままの教育内容が、質の高い実践教育であると、国から指定されたことにほかなりません。

他者支援のために、
豊かな「人間性」を養う。

独自の人間性開発教育。

1人の人間に対してキュア(治し)やケア(癒し)を行う場合、何よりもまず専門家自身の人間性(コア)の確立が必要です。教科書通りではなく、ひとり一人の患者・利用者に合せた柔軟な対応ができる「思考力」「創造力」を養うのが、本校独自の「創造性開発」「自己開発」という授業です。
他者支援のエキスパートとして多角的な視点で真に価値ある知識を修得し、それを創意工夫しながら活用することができる「自立した人格」を育てます。

自立心、独自性を大切にする学習環境。

完全担任制と個別カウンセリング

ひとり一人の指導に責任を持つため、完全担任制を導入。豊富なキャリアを持つ担任教官が、進路や就職、学校生活での悩みなど、最良のアドバイザーとして親身に指導します。

アシスタントスタッフ制度

本校では学生の独自性、自立心を大切にしています。意欲ある学生を教職員のアシスタントスタッフとして募り、学生のリーダーとして活躍する場を設けています。

ボイス・オブ・スチューデントシステム

本校では教官や講師の指導方法を評価・採点する機会があります。学生ひとり一人の生きた声をヒアリングすることにより、教育の理想的な成果をあげることが可能です。

学生ポータルサイトを導入

PCや携帯から自分の成績照会やスケジュール管理、休講・時間割変更などの情報確認が可能。学校生活を情報面で支える最新のシステムで時間を有効活用できます。

   

名古屋医専だからできること

完全担任制で、ゼロから深く学ぶ。

名古屋大学医学部 元教授陣の支援による、強力バックアップ体制。

資格・就職に強い!卒業後もサポートが充実。

名古屋医専について