療法学部 言語聴覚学科

  • 昼間部/2年制 【入学資格】大卒者以上
  • 夜間部/3年制 【入学資格】大卒者以上

取得できる資格/称号

  • 言語聴覚士(国家試験受験資格)
  • 医療専門士
適用制度
  • 『国家資格 合格保証制度』
  • 『完全就職保証制度』

多彩な演習・実習を通して、専門知識に裏打ちされた対応力を。 「話す」「聴く」「食べる」を支えるエキスパートへ。

学びのポイント

  • 1
    理系・文系出身者ともに
    学んだ知識を活かせる2年制!

    言語や心理系科目などを学ぶ授業が多いですが、科学的、論理的な思考力が求められる職種でもあるため、理系出身者にも適した猟奇。医療の勉強が初めてでも十分に対応できるカリキュラムです。

  • 2
    大学医学部でも導入されるプログラム
    OSCE(客観的臨床能力試験)

    病院実習前に実際の治療現場と同じ条件のもとで模擬患者に対して問診や検査を行い、修得した技術を振り返るとともに接遇についても学びます。

  • 3
    ひとり1人に合せた個別対策で
    難関資格でも徹底対策

    1年次より国家試験の過去問題に取り組み基礎を固めます。また定期的な模試で苦手分野の分析を行います、ひとり1人の学習進度に合せた指導で合格へと導きます。

  • 4
    経験豊かな特別講師が直接指導
    「特別講義」

    各分野から経験豊かな最前線の特別講師が教壇に立つ『スペシャルゼミ』・『T.O.L.講義』。業界のプロから直接学ぶことで、最新の動向を常にキャッチできるのがこの授業の特長です。

  • 5
    多種多様な検査道具を網羅!
    だから検査の本質を学べる

    相手の症状・年代によって多様な検査機器を使い分ける必要があります。本校では、多種多様な検査道具を設置した学内環境で専門知識に裏打ちされた対応力を身につけることができます。

  • 6
    1日2コマの集中授業
    [夜間部3年制]も!

    働きながら自分のペースで学べる夜間部。国家試験対策、就職指導も昼間部と変わらず手厚いサポート体制です。
    <授業時間>18:00~21:10 ※学外の実習は昼間に行います。

専攻

専攻

代表的な領域を専門的に追及! 最終年次に選べる独自の専攻教育 代表的な領域を専門的に追及! 最終年次に選べる独自の専攻教育
×

言語・発達専攻

発達途上にある小児の言語・コミュニケーション能力向上を図るためのスキルを専門的に学ぶ。

聴覚障害専攻

小児から高齢者まで全世代が対象となる「きこえ」の問題。各種機器を用いた聴覚検査を学習して、より深い知識・技術を持った言語聴覚士を目指す。

摂食・嚥下(えんげ)専攻

食べる機能の回復について専門的に学び、摂食・嚥下障がいの患者さんにおける食事の工夫や訓練内容の習熟を目指す。

学びのステップ

  1. STEP 1

    1年次基礎医学・臨床基礎

    基礎医学(前期)と多様な検査法(後期)の学習を実施。見学実習では1週間かけて現場に出向き、言語聴覚士の仕事内容を学んでいきます。

  2. STEP 2

    2年次臨床実習・実践力・国家試験

    実践実習を通して、言語聴覚士が対応する様々な検査や訓練を総括的に学習するほか、専攻教育と国家試験対策に取り組みます。

    ※夜間部はこの学習内容を3年間で履修していきます

  3. 資格証

    言語聴覚士(国家資格)

    小児から成人、高齢者まで。リハビリテーション部門を中心に、医療・福祉・教育の現場で活躍。

授業ピックアップ

授業ピックアップ

大阪医専だからできる、徹底した現場教育 大阪医専だからできる、徹底した現場教育
×

幅広く小児領域も対応する「言語発達障害学」

小児領域の学びも充実。子どものことばに対する訓練を行う言語聴覚士が発達障がいに対応する専門家としても期待が寄せられています。

言語聴覚士養成課程用の臨床能力試験「OSCE(オスキー)」

模擬患者に対して、臨床現場と同じように検査を行う「OSCE(客観的臨床能力試験)」。実習前に徹底して行い、声掛けのコツや検査手順について整理し、対応力を身につけます。

目には見えない「高次脳機能障害学」

脳の損傷により、記憶・注意・行動・言語・感情などの機能に障がいがでる「高次脳機能障害」。脳の機能を理解しながら、言語聴覚士としての適切な対応方法について学んでいきます。

増加する高齢者への対応「構音・嚥下障害学」

高齢者の患者さんが増加する現代。中でも飲食のときに唾液や食物が誤って気道に入ることで誤嚥性肺炎を患う高齢者が急増しています。嚥下機能の維持・向上を実践的に学びます。

理学療法士・作業療法士との「チーム医療・リハビリテーション」

理学療法士や作業療法士と治療にあたる言語聴覚士。様々なアプローチがあることを知るため、本校では理学療法士・作業療法士の専任教官からもリハビリテーションについて学びます。

資格/就職

資格/就職

資格を手にして、現場で活躍する 資格を手にして、現場で活躍する
×

資格

取得できる資格/称号
  • 言語聴覚士(国家試験受験資格)
  • 医療専門士

『国家資格 合格保証制度』

就職に活かす +α資格

受験し合格することにより取得可能

  • 手話技能検定

講習を受講することにより取得可能

  • 初級障がい者スポーツ指導員(学内講習受講により取得可能)
  • 赤十字救急法救急員(外部講習受講により取得可能)

取得可能な資格一覧

就職


活躍のフィールド

リハビリテーション部門を中心に採用が活発化。成人や高齢者だけでなく、障がい児施設などでの活躍が期待されています。

総合病院・大学病院、リハビリテーション病院、小児科病院、脳神経外科病院、介護老人保健施設、特別養護老人ホーム(介護老人福祉施設)、障がい者(児)支援施設、児童福祉施設、教育機関など、リハビリテーション病院を中心とした医療機関や老人施設などの介護保険領域へ言語聴覚士(ST)の活躍の場が拡大しています。


希望者就職率

100%
(2016年3月卒業生)

主な就職先

国立病院機構金沢医療センター、兵庫県立のじぎく療育センター、兵庫県立神戸聾学校、大阪府立堺養護学校、大阪大学歯学部附属病院、大阪医科大学附属病院、近畿大学医学部付属病院、大阪市立弘済院附属病院、関西医科大学附属枚方病院、神戸市役所、加古川市役所、小野市役所、八尾市立病院、彦根市立病院、奈良県立五條病院、砺波市立総合病院、浜松市リハビリテーション病院、国家公務員共済組合連合会大手前病院、鳥取赤十字病院、長浜赤十字病院、ボバース記念病院、公立学校共済組合近畿中央病院、医誠会病院、洛和会音羽病院、京都桂病院、松原徳洲会病院、岸和田徳洲会病院、八尾徳洲会病院、八尾総合病院、協和会、愛仁会、加納総合病院、洛和会、南大阪病院、済生会泉尾第二病院、阪和第一泉北病院、京都民医連中央病院、神戸リハビリテーション病院、藤井会リハビリテーション病院、関西リハビリテーション病院、彩都リハビリテ-ション病院、千里リハビリテーション病院、琴の浦リハビリテーションセンター、宝塚リハビリテーション病院、第一東和会病院、馬場記念病院、豊中平成病院、茨木医誠会病院、コープおおさか病院、阪和泉北病院、ベリタス病院、八尾はぁとふる病院、高石藤井病院、平成記念病院、姫路中央病院、花ノ木医療福祉センター、いながわ療育園、名張育成園、ひょうご子どもと家庭福祉財団こども発達支援センター、子どもの発達・学習研究所、草津市ことばの教室、甲賀市ことばの教室、うのはな療育園、岡山かなりや学園、八尾しょうとく園、四天王寺福祉事業団四天王寺悲田院、ことばの泉、生長会、パナソニック補聴器、兵庫県社会福祉事業団、愛徳医療福祉センター、ベルピアノ病院、みどりヶ丘病院、西宮渡辺病院、八尾徳洲会病院、岸和田平成病院、美杉会 男山病院、大阪府吹田市立小学校、加納総合病院、藍の都脳神経外科病院、野崎徳洲会病院、やわら訪問看護ステーション、西記念ポートアイランドリハビリテーション病院、守口生野記念病院 他


先輩/教官メッセージ

先輩/教官メッセージ

活躍する先輩と教官の声を紹介 活躍する先輩と教官の声を紹介
×
  • 卒業生
    卒業生
    クラスメートや他学科の友人とともに、リハビリに関する新たな知識を修得できた。
    田中 裕也
    高村病院 言語聴覚士
    田中 裕也
    高村病院 言語聴覚士
    クラスメートや他学科の友人とともに、リハビリに関する新たな知識を修得できた。

    大阪医専に入学する前は管理栄養士として勤務していました。その時に、誤嚥や摂食嚥下障がいなど様々な障がいを持つ方の対応に困っていたことが、自ら嚥下分野の知識を修得して言語聴覚士を目指そうと想ったきっかけです。今まで持っていた食品・栄養の知識に加えて、さらに嚥下分野の知識が身につき、そして何より良いクラスメートに出会うことができました。言語聴覚士は自ら「やりたい」と初めて思った仕事です。大変なこともありますが、日々充実しています。

  • 教官
    教官
    目には見えないサポートも。「満足」を提供できる言語聴覚士を育てます
    粉川 英己
    元 平成記念病院 言語聴覚士
    粉川 英己
    元 平成記念病院 言語聴覚士
    目には見えないサポートも。「満足」を提供できる言語聴覚士を育てます

    言語聴覚士の仕事は、患者さんやそのご家族に「満足」を提供する専門職種です。私たちはコミュニケーション能力や飲み込み等の問題をセラピーサポートしています。目には見えない心のサポートも大変重要であり、患者さんと共に目標達成できた時の喜び・感動は何とも“たまらない気持ち”です。日本には言語聴覚士がまだまだ不足しています。あなたの力を必要としている方がきっといますよ。さあ、新しい扉を共に開けましょう。

その他の学科・専攻

臨床学部

看護学部

療法学部

スポーツ健康学部

東洋医学部

医療情報学部

福祉学部

専科[短期集中講座]

大学生・社会人も通える「夜間部」