留学生の皆さまへ

学びたい意欲に国境はありません。

学校生活や勉学のサポートはもちろん、日本での暮らしや日常生活に対するサポートまで、学校として積極的にバックアップ。
学びたい意欲がある人すべてに応える、大阪医専だからできることです。

学校生活や勉学のサポートはもちろん、日本での暮らしや日常生活に対するサポートまで、学校として積極的にバックアップ。
学びたい意欲がある人すべてに応える、大阪医専だからできることです。

Visit Our Campus!
オープンキャンパスへ行ってみよう!

大阪医専とは

誰かの太陽になる仕事。
医療・福祉からスポーツまで多分野で「チーム医療」が学べる専門学校

2017年1月19日に世界保健機構(WHO)が発表した2016年度版の「世界保健統計」で、2015年の日本人の平均寿命は世界1位。20年以上前から長寿世界一の座を守り続けています。 医療技術も発達し、非常に長生きしていますが同時に様々な疾患や精神的な問題などを抱える人も増えています。 そういった問題を抱える人々を支えるためには、たった1人のスペシャリストが問題に立ち向かうのではなく、様々な専門家が顔を合わせ、意見を分かち、お互いをサポートしながら解決すること=「チームで支える力」が必要です。

専門学校大阪医専は、2000年に設立しました。現在では大阪・東京・名古屋の各ターミナル駅前に校舎を構える日本最大級の専門学校です。 本校は、技術・知識を学ぶことはもちろんですが、各専門家がチームを組み、様々な問題を解決・予防できるよう『チーム医療教育プログラム』を推進しています。様々な分野の学部・学科を設置しているのも、このためです。

在学中に多分野の学生と関わり、生きたチーム医療を学ぶことで「的確な判断」、「高度な技術」、「チームで支える力」で患者さんや家族をサポートし、よりスムーズに快方に向かえるよう応援できる人を輩出することが私たちの使命です。どんな困難な状況にも対応できる専門家を育てる準備はできています。
さあ、あなたも「誰かの太陽になる仕事」を目指してみませんか。


留学生サポート体制

大阪医専は、
「認可校」「適正校」「認定校」です。

本校は日本の学校教育法に基づく学校です。従って、入学者の査証(在留資格)は留学査証です。さらに質の高い実践教育を行うものとして文部科学大臣が認定する「職業実践専門課程(Professional Postsecondary Course)」を設置しています。
※夜間部・専科は留学査証の取得はできません。入学希望者は入学相談室に問合せください。

卒業と同時に、「高度専門士」
「専門士」 の称号が得られます。

4年制課程(昼間部)の卒業時には、卒業証書の授与と、文部科学省制定による称号「高度専門士(Advanced Diploma)」が付与されます。これは4年制大学卒業と同等として認められ、日本の大学院への入学資格も与えられる称号です。2年以上の課程(昼間部)を卒業時には、卒業証書の授与と、文部科学省制定による称号、「専門士(Diploma)」が付与されます。

勉学も日常生活も安心の
留学生支援制度があります。

授業はすべて日本語で指導します。入学までに、勉学に支障のない日本語力(聞く・話す・読む・書く)が必要です。日々の勉学や日本での生活をより楽しく円滑にするために、本校では留学生に対し、専任の留学生指導担当を設け、指導を行っています。また、同じ夢を持つ日本人学生の仲間がたくさんいます。日本語、専門の知識や技術を身につけるだけではなく、日常生活の助言も受けることができる学習環境を整えています。

安心して勉学に励むことができる
住環境を提供します。

留学生が安心して学生生活を送れるように、「学校指定寮」から「学生向けアパート・マンション」まで住居の支援も本校で実施しています。学生寮は寮則・生活様式・食事などはすべて日本人と同様なので、日本での生活習慣を自然と身につけることができます。希望者は入学相談室に問合せください。

就職指導担当者が病院・施設等への
就職推進を図っています。

日本で医療系の国家試験に合格して資格を取得すれば、その業務に従事する外国人は「医療」および「介護」の就業VISAを取得することが可能です。本校では専任の就職指導担当者が病院・施設等への就職推進を図っています。

「医療」「介護」の
就業VISA対象の資格

本校で取得可能な国家資格のうち、次の資格が対象となります。
臨床工学技士、看護師、保健師、理学療法士、作業療法士、介護福祉士

TOPICS

日本学生支援機構が外国人留学生を対象とした奨学金情報をまとめた資料が公開されています。希望者は参照ください。
日本留学奨学金

大阪医専についてもっと知る

訪問者別INDEX

入学を検討されている方へ

その他の目的の方へ