教育諮問委員会

大阪大学医学部
元教授陣の支援による、
強力なバックアップ体制。

創造性あるエキスパートを養成するためには、最新の施設・設備と共に、様々な分野の接触によるシナジー効果(相乗効果)が必要不可欠です。大阪医専では時代にマッチしたカリキュラムづくりや教育方法の全面的支援のために、「教育諮問委員会」を結成。様々な専門性をもつブレーンが知的融合を図り、現場の最先端に対応する医療・福祉教育のあり方を探求します。メンバーは重鎮たる教授陣。「明日の一流」に向かうあなたを、心強くバックアップしてくれます。


  • 川島 康生

    大阪大学 名誉教授
    国立循環器病研究センター 名誉総長
    体外循環の病態生理、複雑心奇形や川崎病を含めた冠動脈疾患、弁膜症などの外科治療に関する研究の権威。永年、本邦における心臓移植の実現に尽力。日本医師会医学賞をはじめ、紫綬褒章、大阪文化賞、勲二等旭日重光章を受章。文化功労者顕彰。


  • 垂井 清一郎

    大阪大学 名誉教授
    大手前病院 名誉院長

    大阪大学医学部内科学教授、国家公務員共済組合連合会大手前病院長などを歴任。サンマルコス大学(ペルー)客員教授、武田科学振興財団評議員。日本医師会医学賞、日本糖尿病学会ハーゲドーン賞、武田医学賞、上原賞、大島賞、瑞宝中綬章などを受賞。


  • 小塚 隆弘

    大阪大学 名誉教授
    貝塚市立貝塚病院 名誉総長
    日本医学放射線学会会長などを歴任し、日本を代表する画像診断の権威。海外でも、ヨーロッパ放射線医学会名誉会員、ドイツレントゲン学会名誉会員、日本スカンジナビア放射線協会代表を務めるなど世界的にも大きな影響力を持つ。

   

大阪医専だからできること

完全担任制で、ゼロから深く学ぶ。

大阪大学医学部 元教授陣の支援による、強力バックアップ体制。

資格・就職に強い!卒業後もサポートが充実。

大阪医専について