チーム医療教育の実践

今、現場では「チーム医療」が必要不可欠

「チーム医療」とは、病気や障がいを持つ患者さんや家族を中心に、各分野の専門家が連携し、治療・ケアに当たること、例えば病気やケガをした患者さんの場合、診断→治療→リハビリといった流れを経ていきますが、医療の高度化・複雑化によって、主治医だけで判断することが困難になってきています。そのため各分野の専門家が集まり、意見交換しながら決定していくことが不可欠になっています。

チーム医療教育プログラム

  1. STEP1

    「チーム医療概論・各論」

    他職種の仕事・役割を知る

    入学時からチーム医療教育への取り組みがスタート。自らが目指す職種だけではなく、他職種の仕事内容も知り、実際の事例とともに各職種の専門性や役割を学んでいきます

  2. STEP2

    「チーム医療症例演習・発表会」

    学科の枠を超えて、チームで学ぶ

    様々な学科の学生が1つのチームとなり、与えられた症例課題の問題解決に挑む症例演習。学科を超えた知見を持ち寄り、議論するとともに必要な調査を行い、発表会に向けてレポート作成力やプレゼンテーション能力も磨いていきます。

    チーム医療の本質を捉える発表会

    総仕上げとして、一堂に会した「チーム医療症例演習発表会」を実施。他職種への理解を深め、情報共有の大切さを学び、連携の在り方について考察した結果を発表します。

  3. STEP3

    卒業研究発表会(ISEN発表会)

    継続して学び、知識をつなげる

    本校では、卒業研究もチーム医療教育の一環と考えます。在学中に修得した知識・技術・経験をもとに、大阪医専での学びを発表し、ともに学んだ仲間や教官たちとその成果を分かち合います。

チーム医療への取り組み

   

大阪医専だからできること

完全担任制で、ゼロから深く学ぶ。

大阪大学医学部 元教授陣の支援による、強力バックアップ体制。

資格・就職に強い!卒業後もサポートが充実。

大阪医専について